かじかむ手の中でiPhoneは眠る


氷点下?

今年の1月30日『iPhoneは氷点下で冬眠する!?』と題して記事を書いたが、この記事がさして参考になるような内容でもないのにも関わらず意外なほど検索され読まれているようで、なンとも申し訳ない。

そこで、今年も同じような目に遭う前にと、アップルのサイトでiPhone 5iPad (4G Retina)iPad miniそれぞれの動作環境をチェック。(オレが持っているのはiPad 2ですけどね) (さらに…)


明日は去年のようなコトにならないように切に願うばかり




去る9月13日午前2時。好例となるこの深夜の時間(米国本国では午前10時)に行われたiPhone 5発表イベント。正直、その内容のほとんどが既にリーク済みな内容と変わりなかった為、大きな驚きや感動といったものは薄かった。むしろ、それまで全然触れられてこなかったiPod nanoiPod touchのAppleらしさのなさに驚かされたくらいだった。(特にiPod nano) (さらに…)


昨日の今日で見事に一蹴される憂き目に遭おうとは



巷で話題の『iPhone 5』は実は『iPhone 6』と呼ぶべきなンじゃないか、という素朴な疑問を投げかけ、誰からの同意も得られぬままに、一夜明けてみると「米アップルが米国時間9月12日午前10時(日本時間13日午前2時)から発表イベントを開催する」とのニュースが…。

招待メールに貼られた画像と紹介されている画像には開催日を示す『12』の文字と『5』とも読める、いや、もはや『5』としか読めない影。

 

うン…。5なンだね。5…。

 

「ふン、馬鹿云ってンじゃないよ。4の次は5に決まってるだろ!」という天国のジョブズの声が聞こえてくるようだ。


「5」「5」「5」「5」云うとりますが、実は「6」なンじゃないかって云う素朴な疑問


9to5mac.comより



来週には発表されるのではないかと、様々なリーク画像や動画がネット上を賑わしている次期iPhone『iPhone 5』。
個人的にはこれまでリークバーツとして世に流れていたツートンの背面パネルより、先日9to5Macで取り上げられた背面全体がマット調に加工された背面パネルの方が好みです。

と、ふと、疑問に思ったのだが、去年から次期iPhoneをなンの疑問もなく『iPhone 5』と呼んでいるが、コレッて実は『iPhone 6』と呼ぶべきなンじゃないだろうか?

(さらに…)


むしろホッとした自分がいた


iPhone 4S

日本時間10月5日午前2時から遡ること30数分前に“それ”は起こった。

(さらに…)


どストレートに行くよ!


 

ついに来ました。米アップルのイベント情報。

「Let’s talk iPhone」

日本語に訳すと「iPhoneについて語ろう」という非常にどストレートなイベントタイトル。いつもどこか意味深なタイトルを付けているアップルにしては珍しい。(とは云え、Lion発表時にもリンゴマークからライオンが顔を覗かせるという手法をとっていたりするけど)

開催日時は日本時間で10月5日午前2時頃。

さてさて、どンなiPhone 5が現れるンでしょうか。