かじかむ手の中でiPhoneは眠る



むしろホッとした自分がいた